3COINSの電子メモパッドは使いやすくてコスパ最強!電池交換も可能です

3COINSの電子メモパッドは便利で使いやすかった 生活・おすすめ

みなさん、電子メモパッドはご存知ですか?
デジタルメモ帳なのですが、家庭内での伝言板として利用したり、仕事で自分の考えを整理するためのメモ書きとして利用したり、様々な用途で活用できる便利なツールです。
僕のまわりでも利用する人が増えてきました。

「機能にはこだわらないから、手軽に使いたいな」

と思っていたところ、なんと3COINSで売っていましたので迷わず購入しました。
安いのに便利で使いやすかったので、早速ご紹介します。

この記事でわかること
3COINSの電子メモパッド「LCD Writing Tablet」の特徴と実際に使った感想がわかります。

 

電子メモパッド「LCD Writing Tablet」とは

LCD_Writing_Tablet

LCD Writing Tablet

3COINS(通称「スリコ」)で販売されている電子メモパッドです。
3COINSは300円(税抜き)のアイテムを中心に取り扱っていますが、電子メモパッド「LCD Writing Tablet」は500円(税抜き)で販売されています。
電子メモパッドの相場価格としては数千円(安くても二、三千円~)の印象が強いため、金額面で言えば500円で購入できるのはかなりお得だと思います。



特徴

特徴

特徴

筆圧で文字の太さが変わる

強く書けば太く、弱く書けば細い文字にできます。
上の画像の「強い/弱い」の部分は、実際に強弱をつけて書いてみたものです。
太字は、文字がにじんで太くなるようなイメージです。
普通に書く分には、細い文字で十分だと思います。

消去ボタンのワンプッシュで消去可能

タブレットの下の方にあるゴミ箱のマークが「消去ボタン」です。
この消去ボタンをワンプッシュするだけで、画面の文字をすべてきれいに消去できます
他の電子メモパッドでも基本機能だと思いますが、やはりこの簡単さが魅力ですよね。

誤消去防止機能がある

消去ボタンON,OFFスイッチとバッテリーケース

消去ボタンON/OFFスイッチとバッテリーケース

書いた内容を誤って消去するのを防止する機能として、背面の下の方に「消去ボタンON/OFFスイッチ」があります。(画像だとわかりづらいですが、円で囲った下の方にスイッチのつまみがあります)
スイッチのつまみを「OFF」にすることで、消去ボタンを押しても消去されないように設定できます。(追加の書き込みはできます)
通常は頻繁に書いたり消したりすることが多いと思うので、基本的には「ON」にしておいた方が使い勝手が良いと思います。

電池交換が可能

電池が切れても、バッテリーケースをプラスドライバーで開けて、自分で電池交換が可能です。

電池はコイン型リチウム電池(CR2025 3V)です。
100均やネットなど、手に入りやすいので便利ですね。

マグネットシール付き

マグネットシール

マグネットシール

購入時、マグネットシール(両面テープ付き)が同梱してあります。
使うかどうかは自由ですが、このように背面の上の方に貼り付けることができます
これにより冷蔵庫などに付けることができるようになるので、家族の伝言板として使うと便利ですね。

軽くて薄い

厚さ0.5mm重さ110gです。
持ちやすく非常に軽いです。
画面サイズも8.5インチと大きすぎず小さすぎず、ちょうどよい画面サイズです。

約8,000回の使用が可能

十分な回数が使えて嬉しいですね。

感想

もともと僕は以下のような理由から電子メモパッドが欲しいなと思っていました。

ブログの考えを整理するためのメモ書き
予定を立てる際のTODO事項の書き出し
会話の中で、相手へ書きながら説明する用のメモ
その他、日常で何かと「ちょっとしたこと」をメモするケースが多いため

実際に使ってみて、これらの用途としては十分すぎるくらい要件を満たしてくれていました
書いたり消したりがテンポ良くでき、かなり使いやすいです。
機能もシンプルなので、直感的に迷わず操作できるもの◎です。

ほんと、コスパ最強です!

強いてデメリットをあげるとすれば、文字を部分的に消去する消しゴム機能のようなものがないことですかね。
でも、そもそもメモ書き目的で使用するアイテムなので、書き間違えても支障はありませんし、それほど困りません。

これからも重宝しそうです!

まとめ

いかがでしたか?

3COINSの電子メモパッド「LCD Writing Tablet」を実際に使用してみてメリットを挙げるとするとズバリ

  • シンプル
  • 使いやすい
  • コストパフォーマンスが良い

です。

電子メモパッドの利用を考えているけどどれを使ったらよいか迷っている場合は、是非候補として検討してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました