【1489 NF日経高配当50ETF】構成銘柄は高利回りの50社!高配当株投資で運用中の僕が魅力を紹介

【1489 NF日経高配当50ETF】構成銘柄は高利回りの50社!高配当株投資で運用中の僕が魅力を紹介 投資・節約・お金

高配当株投資の初心者や、これから投資をはじめようと考えている方の中には、次のような悩みを持っている方もいるのではないでしょうか?

「どうやって銘柄を選んだらよいの?」

「どうやって分散させたらよいの?」

「分散させてみたけど、ポートフォリオのメンテナンスが大変」

僕も2020年から高配当株投資をやっています。
主に日本国内の高配当株をメインに運用していますが、上記のような悩みを解決するために日本高配当ETFを運用しています。

僕が運用しているETFは「1489 (NEXT FUNDS)日経平均高配当株50指数連動型ETF」(以下、「NF日経高配当50ETF」)です
初心者が高配当株投資をはじめるには、選択肢のひとつになるETFだと思います。

今回は、このNF日経高配当50ETFの構成銘柄やメリット・デメリット、僕がこのETFを購入する理由をご紹介します。
ぜひ気楽に見ていってください。

この記事でわかること
1489NF日経高配当50ETFの構成銘柄がわかります
メリット・デメリットがわかります

 

1489 (NEXT FUNDS)日経平均高配当株50指数連動型ETFとは

日経平均高配当株50指数(日経高配当株50)に連動する投資成果を目指す、日本株ETFです。
日経平均株価の構成銘柄のうち、予想配当利回りの高い原則50銘柄で構成されます。

毎年6月末に構成銘柄の定期見直しをします。
期中に臨時の銘柄除外はありますが、45銘柄未満になるまでは銘柄数の調整はせず、定期見直し時に50銘柄にそろえ直します。

(参考サイト:NEXT FUNDS > 日経高配当50 ETF(1489)

(参考サイト:株式会社日本経済新聞社「日経平均高配当株50指数」算出要領



NF日経高配当50ETF 構成銘柄(2022年3月31日現在)

NF日経高配当50ETFの構成銘柄(2022年3月31日現在)は以下のとおり。(表は右にスクロールできます)
※初期投稿時は2022年1月31日時点の構成銘柄を掲載しましたが、更新しました。
 構成銘柄のラインナップは変更ありませんが、構成比率が若干変動しています。

No コード 銘柄 業種 純資産比率
1 9101 日本郵船 海運 5.4%
2 8058 三菱商事 商社 4.4%
3 1605 INPEX 鉱業 4.3%
4 8766 東京海上ホールディングス 保険 3.7%
5 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 銀行 3.4%
6 8031 三井物産 商社 3.3%
7 8053 住友商事 商社 3.2%
8 9434 ソフトバンク 通信 3.2%
9 8316 三井住友フィナンシャルグループ 銀行 3.2%
10 2914 日本たばこ産業 食品 3.1%
11 4502 武田薬品工業 医薬品 2.9%
12 8725 MS&ADインシュアランスグループホール 保険 2.9%
13 9432 日本電信電話 通信 2.9%
14 8411 みずほフィナンシャルグループ 銀行 2.7%
15 7751 キヤノン 電気機器 2.6%
16 8308 りそなホールディングス 銀行 2.6%
17 8604 野村ホールディングス 証券 2.5%
18 6178 日本郵政 サービス 2.5%
19 5020 ENEOSホールディングス 石油 2.5%
20 8001 伊藤忠商事 商社 2.4%
21 5019 出光興産 石油 2.3%
22 9433 KDDI 通信 2.3%
23 8630 SOMPOホールディングス 保険 2.2%
24 9503 関西電力 電力 2.0%
25 8304 あおぞら銀行 銀行 2.0%
26 8309 三井住友トラスト・ホールディングス 銀行 1.7%
27 4902 コニカミノルタ 精密機器 1.7%
28 8795 T&Dホールディングス 保険 1.6%
29 1928 積水ハウス 建設 1.5%
30 8354 ふくおかフィナンシャルグループ 銀行 1.4%
31 8601 大和証券グループ本社 証券 1.4%
32 5108 ブリヂストン ゴム 1.4%
33 2768 双日 商社 1.3%
34 4005 住友化学 化学 1.2%
35 6724 セイコーエプソン 電気機器 1.2%
36 5201 AGC 窯業 1.1%
37 1808 長谷工コーポレーション 建設 1.1%
38 4188 三菱ケミカルホールディングス 化学 1.0%
39 4061 デンカ 化学 0.7%
40 6113 アマダ 機械 0.7%
41 4183 三井化学 化学 0.6%
42 8628 松井証券 証券 0.6%
43 7186 コンコルディア・フィナンシャルグループ 銀行 0.6%
44 5703 日本軽金属ホールディングス 非鉄・金属 0.5%
45 5214 日本電気硝子 窯業 0.5%
46 4208 宇部興産 化学 0.4%
47 4631 DIC 化学 0.4%
48 6703 沖電気工業 電気機器 0.3%

(参考サイト:NEXT FUNDS > 日経高配当50 ETF(1489) > 組入銘柄情報

一番比率の高い銘柄が9101の日本郵船で約5.4%
一番比率の低い銘柄が6703の沖電気工業で約0.3%
各銘柄が約5%以内の範囲(日本郵船は超えてますが)で、約50銘柄で構成されています。

また、セクターごとの構成比率は次のグラフのようになっています。

NF日経高配当50ETFのセクターと構成比率

NF日経高配当50ETFのセクターと構成比率

幅広いセクターで構成されていますが、銀行、商社、保険、通信で約50%を占めています。

NF日経高配当50ETF メリット・デメリットと購入理由

次の理由から、僕はNF日経高配当50ETFを購入しています。

NF日経高配当50ETFの購入理由
・安定した不労所得を得たい
・複数の高配当株を自分で選ぶのが大変
・ポートフォリオのメンテナンスは最低限の労力に抑えたい
・セクターや銘柄選びをバランスよくおこないたい
・日本の企業を応援したい

 

これを満たせるETFが、このNF日経高配当50ETFなのです。

このETFには、主に次のようなメリットがあります。

NF日経高配当50ETFのメリット
・定期的に高利回りの分配金がもらえる
 ⇒分配金は、年に4回(1月、4月、7月、10月)もらえます。分配金利回りは4.45%(2022年4月27日現在)と比較的高い水準です。

・自分で銘柄選びをしなくても良い

 ⇒指数(日経高配当株50)に連動しているため、自動的に銘柄が決定します。

・自動で銘柄入れ替え、銘柄除外をしてくれる

 ⇒毎年6月末に構成銘柄が見直しされます。また、構成銘柄が日経平均株価から除外される場合は、同日に構成銘柄から除外してくれます。

・国内の幅広いセクターや、多くの銘柄の高配当企業に分散できる

 ⇒このETFに投資することで、商社、銀行、通信をはじめとした国内の幅広いセクターに分散投資できます。また、一定の条件に基づいて算出された予想配当利回りが高い約50銘柄へ分散できます。

 

ちなみにデメリットはないの?と気になるところですが、当然あります。

主なデメリットは次のようなものが考えられます。

NF日経高配当50ETFのデメリット
・景気敏感株に偏りがちである
 ⇒商社、銀行、電気機器など、景気に左右される業種に偏る傾向があります。景気が悪くなると、減配などのリスクが考えられます。

・信託報酬がかかる
 ⇒信託報酬(約0.3%)が手数料として持っていかれてしまいます。

 

以上のメリットとデメリットを踏まえて、僕はNF日経高配当50ETFを購入しています。

なかなか自分で50銘柄を選んで、ポートフォリオを組んで、定期的にリバランスして・・・とやるのはそれなりの労力が発生すると思いますが、これはそんな悩みを解決してくれるETFです。

多少のデメリットはあっても、僕としてはメリットの方が大きいと考えています。

※NF日経高配当50ETFの考察記事も書いているので、ぜひ参考にご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

あらためてメリット・デメリットを整理すると、以下のとおりです。

NF日経高配当50ETFのメリット
・定期的に高利回りの分配金がもらえる
・自分で銘柄選びをしなくても良い
・自動で銘柄入れ替え、銘柄除外をしてくれる
・国内の幅広いセクターや、多くの銘柄の高配当企業に分散できる

 

NF日経高配当50ETFのデメリット
・景気敏感株に偏りがちである
・信託報酬がかかる

 

メリット・デメリットを踏まえて、高配当株投資のひとつの選択肢に十分なり得ると思います。
普段サラリーマンをやっている僕にとって、50の銘柄選定をやってくれる、自動で銘柄入れ替え・銘柄除外をしてくれるのは、大変魅力があります。
今後もNF日経高配当50ETFをメインとした高配当株投資を継続していくつもりです。

最後に、投資は自己責任です。自分で納得した上で、銘柄選定をするようにしてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


金融・投資(全般)ランキング

↑よかったらクリックして応援してもらえると嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました