【MNP転出方法のまとめ】有効期限に注意!MNP転出手数料はWEBだと無料!

MNP転出方法と注意点のまとめ【意外とかんたん】 生活・おすすめ

2021年になり、スマホ利用料が安くなりましたね。
各社からは魅力的な料金プランが続々と発表されていますが、「他社へ乗り換えようかな」と考えつつも、「MNPって何?」「MNP転出は面倒なんでしょ?」と考えている人も多いのではないでしょうか?
この記事では、MNP転出時の手続きを分かりやすくまとめましたので是非参考にしてください。

この記事でわかること
・MNP転出の手続きがかんたんなことがわかります
・MNP転出の手続き方法や注意点がわかります
※この記事では、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル等のキャリア、mineo、BIGLOBEモバイル、IIJmio等の格安SIMをまとめて「キャリア」と表現しています。
 

MNP転出とは

MNPとは「モバイルナンバーポータビリティ」の略で、現在の電話番号はそのままで、他社へ乗り換えることを言います。
他社へ乗り換える場合「もともと使っていた電話番号を引き続き使いたい」という人が多いと思います。
そんな時にMNP転出の手続きをおこないます。
 



MNP転出に伴う必要な手続き

MNP転出のポイントです。

MNP転出の3ステップ
(1) 契約中のキャリアからMNP予約番号を取得する
(2) MNP予約番号を使って、乗り換え先のキャリアに申し込みをする
(3) 乗り換え先が開通したら、もとのキャリアは自動的に解約になる

契約中のキャリアからMNP予約番号を取得する

MNP予約番号は主に店舗・電話・Webから取得できます。
ドコモ、au、ソフトバンクは店舗・電話・Webのすべてに対応しています。
格安SIMはほとんどがWebに対応していますが、店舗や電話での手続きは一部のキャリアのみとなります。
なお、MNP予約番号を取得しただけでは解約になりません
 
ここでMNP予約番号の取得方法ってご存知ですか?
結構、「どうやって取得するの?」となってしまう人も多いと思います。
そこでいくつかのキャリアについて、MNP予約番号の具体的な取得方法をまとめてみました。
 
【ドコモ】
Webでの受付可能(「My docomo」より/24時間受付)
お電話での受付可能(受付時間:午前9時~午後8時)
 [ドコモの携帯電話] (局番なし)151(無料)
 [一般電話など] 0120-800-000
店舗での受付可能(営業時間は店舗により異なる)
【ソフトバンク】
Webでの受付可能(「My SoftBank」より/受付時間:午前9時~午後9時30分)
お電話での受付可能(受付時間:午前9時~午後8時)
 [ソフトバンクの携帯電話] *5533
 [一般電話など] 0800-100-5533
店舗での受付可能(営業時間は店舗により異なる)
 【au】
Webでの受付可能(EZWeb「auお客さまサポート」より/受付時間:午前9時~午後9時30分)
お電話での受付可能(受付時間:午前9時~午後8時)
 [携帯電話/一般電話] 0077-75470
店舗での受付可能(営業時間は店舗により異なる)
【ワイモバイル】
Webでの受付可能(「My Y!mobile」より/24時間受付)
お電話での受付可能(受付時間:午前9時~午後8時)
 [ワイモバイルの携帯電話] 151(「だれとでも定額」などの無料通話対象)
 [一般電話など] 0570-039-151
店舗での受付可能(営業時間は店舗により異なる)
【UQモバイル】
Webでの受付可能(「my UQ mobile」より/24時間受付)
お電話での受付可能(受付時間:午前9時~午後8時)
 [携帯電話/一般電話] 0120-929-818
店舗での受付は不可
【楽天モバイル】
Webでの受付可能(「my楽天モバイル」より/24時間受付)
お電話での受付不可
店舗での受付不可
【BIGLOBEモバイル】
Webでの受付可能(24時間受付)
お電話での受付可能(受付時間:午前9時~午後6時)
 [一般電話] 0120-983-028(無料)
 [携帯電話・IP電話] 03-6479-5608(有料)
【IIJmio】
Webでの受付可能(24時間受付)
お電話での受付不可
【J:COM MOBILE】
Webでの受付可能(24時間受付)
お電話での受付不可

MNP予約番号を使って、乗り換え先のキャリアに申し込みをする

乗り換え先のキャリアでお申し込みをする際に、MNPを利用するかどうかを確認されます。
この時に、取得したMNP予約番号を使いましょう
MNP予約番号を使わずに申し込みをすると、新しい電話番号での新規申込扱いになってしまいますので、よく確認してください。
MNP予約番号には有効期限があるため、必ず期限内に手続きする必要があります。

乗り換え先が開通したら、もとのキャリアは自動的に解約になる

タイトル通りです(笑)
MNP転出の場合は、移行前のキャリアの解約手続きは不要なのです。
解約されるタイミングは、「乗り換え先が開通したら」になります。
「MNP予約番号を取得したら」ではありませんよ。

MNP転出の注意点

MNP転出には注意点があります。

MNP転出の注意点
(1) MNP予約番号の有効期限は15日
(2) 転出タイミングに注意

MNP予約番号の有効期限は15日

MNP予約番号には有効期限があり、取得日を含めて15日間となっています。
有効期限を過ぎた場合は、取得したMNP予約番号は無効になります。
無効になってしまった場合は、再発行してもらいましょう。
なお、MNP予約番号を取得したものの、考えが変わって、MNP転出をやめたい場合は、有効期限が切れるのを待つだけでOKです。

転出タイミングに注意

他社へ乗り換えする場合、違約金が発生しないように更新月を狙って乗り換えしたい方も多いと思います。
前述しましたが、もとのキャリアの解約タイミングは、MNP予約番号の取得日ではなく、乗り換え先のキャリアの開通日になります。
MNP予約番号を取得した後、乗り換え先にお申し込みをしても、SIMカードが届くまで時間がかかったりして、すぐには開通できないケースもあります
これにより更新月を過ぎてしまい、結局違約金が発生してしまうことも十分あり得ます。
更新月をしっかりと把握し、余裕をもって手続きをしましょう

MNP転出に伴う主な費用

主に以下の費用が発生します。

・(旧キャリア側)MNP転出手数料
・(旧キャリア側)契約解除料
・(新キャリア側)契約事務手数料
キャリアやプランにより異なります。
なお、MNP転出手数料は、2021年4月から手数料が変わるため後述します。

MNP転出手数料が無料(Web手続きの場合)【2021年4月~】

2021年4月から、Web手続きによるMNP転出手数料が無料になります。
これまでは3,300円かかっていたので、嬉しいですね。
Web以外の場合は、各キャリアによって料金設定が異なります。

なお、契約解除料や契約事務手数料は発生するため、注意してください。(キャリアにより異なります)

MNP転出の感想

僕は数年前にドコモからのMNP転出をやったことがあります。

僕は電話でやりましたが、5~10分程度で簡単に終わりました。
オペレータに

「MNP転出したいのですが」

と一言伝えれば、あとはオペレータの指示に従って回答していくだけでした。
最後の方で、「なぜMNP転出するのか?」など、理由を聞かれましたが、正直にこたえれば問題ないです。

MNP転出する前は、大きな一仕事だと思っていましたが、やってみるとあっさり終わりました。

まとめ

いかがでしたか。
MNP転出のポイントをあらためてまとめると以下のとおりです。

・MNP予約番号を取得する
・乗り換え先のキャリアに申し込みをする
・移行前のキャリアは自動解約になる

注意が必要な点はありますが、やってみると難しくはありません。
あとは重い腰を上げるだけです(笑)

他社へ乗り換えることで、月額利用料を安くできる可能性も大きいです。
是非、自分にあったキャリアが見つかったら、他社への乗り換えも検討してみてください。

ちなみにスマホの2台持ちもメリットが多いのでオススメです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました